お仕事は推し事

不定期テキトー備忘録

モニターアームのすゝめ

こんにちは

 

みなさんモニターアームって使ってますか?ぼくは使ってます。

 

モニターアームにもガス圧タイプだったりそうじゃなかったりといろいろ種類ありますが、ぼくはガス圧タイプ使ってます。

 

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01M0IPLW7/ref=oh_aui_detailpage_o02_s00?ie=UTF8&psc=1

↑これです 安いけど普通に使えるしいい感じです

 

サブモニターの導入とともに買ったんですけど、スムーズに動かせるガス圧タイプってよくモニター動かさないなら意味なくない?ってことで今はよく動かすメインモニターで使ってます。

具体的には、普段は壁にほぼぴったりくっつけて離してるんですが、fpsするときは近づけたりって感じです。上下の調整も楽にできるのでよいです。

 

モニターの下にスペースができるので、そこにオーディオインターフェイスとかキーボードとかしまえるのもよいです。お勉強とかしやすくなります。

f:id:Snapdragon720:20180911202739j:plain

↑こんな感じ 机がすっきりするので見栄えもよくなっていい感じです。

 

それとケーブル隠しがあるのもすっきりしてよいです。ある程度ケーブルに長さがないと使えませんが、隠せると非常にすっきりしてよい感じです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

モニターアームは見栄えだけのモノと思われがち(ぼくもそう思ってた)ですが、こんな感じに実用性も非常に高くもちろん見栄えもよくなるので挟むことができる机ならおすすめです。標準のスタンドもかっこいいし機能もしっかりしていますが、やはりすっきりしているのはアームだと思います。

 

では

部屋紹介!w

暇なので隠キャくそおたくの部屋紹介をしていこうとおもいます!w

 

f:id:Snapdragon720:20180910183516j:plain

↑今の様子

ちなみにpcは4770KにRX480といった感じのごく普通のpcです。自作です

では行っていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~PC編~

・キーボードf:id:Snapdragon720:20180910184331j:plain

キーボードはHHKB Professional2 墨です。刻印あります。ゲームはまあまあって感じだけどタイピングは最高にしやすいです。心地よい打鍵音とフィーリングで疲れ知らずです。これ買ったおかげでタイピングしたくてしかたなくなり、ちょくちょくブログ更新するようになりました。今日で使い始めて三日程度ですがFnキーと組み合わせる操作にもなれてきて特に文句なしです。思ったより早く慣れられた感じです。決して誰にでも勧められるキーボードじゃないし、実際に僕もいままで苦手でした。新品は意味不明なくらい高価だし、中古もそれなりに高いです。食わず嫌いはよくないと思って買ってみたら特に問題なく使えてよかったのですが、やはり好き嫌いの分かれるキーボードだと思います。一度店で試打してからがいいってのは本当に思います。慣れると使いやすいですよ。

 

・マウス

f:id:Snapdragon720:20180910193023j:plain

マウスはZowie Gear のFK2を使ってます。

小型で軽量なマウスです。いろいろ使っていきましたが結局これに落ち着きました。キーボードはHHKBでもマジェスタッチでもなんでもいいけど、マウスは基本的に性能いいし握り心地もよいのでゲーミングマウスから選んでいくのはアリだと思います。

こいつは85gって軽さと信頼性安定性ともに抜群のPMW3310センサーを使ってて、普通に使ってて疲れることもないしたまにやるfpsでも当然余裕で使えるので良いです。新品は8000円程度とくそ高いですが、中古なら大体3,4000円程度で買えるので試してみてください。あっでもこれつまみもちに最適って感じあるので今までかぶせて持ってた人には物足りなく感じるかもしれません。秋葉とか行けば普通に置いてあるので試してみてください。

 

・マウスパッド

ZowieのG-SRを使っています。おたくから誕プレでもらったやつです。完全にfpsおたく視点になるんですけど、程よく滑ってしっかり止まるので使いやすいです。ローセンシででかいマウスパッドほしいならこれ買っとけば間違いないんじゃないんですかね。ただこれマウスパッドのくせして5000円近いので勇気ないと買えないですねえ、、

普通にQCKとかでもいいとは思います。ちなみに小さいパッドがほしいならG-SRの小型版なP-SRよりQCK miniとかのほうがいいと思います。P-SRは大きさも性能もよいのですが、巻き癖が強すぎてどんなに頑張っても若干癖がついてしまうので結局使いづらく感じます。QCK miniいいですよ!

 

・メインモニター

BenQのXL2420TEを使っています。Blackequalizerとかを搭載したFHDで144Hzなゲーミングモニターです。遅延の度合いが5ms、2ms、1msから選択できるのよいと思います。僕は2msで使っています。色合いはsRGB固定で安定って感じです。が、高リフレッシュレートでTNモニターなのでちょっと白い感じがします。当たり前ですね。映像視聴やエロゲは後述するサブモニターでやっています。

スタンドはシンプルで高さも傾きも左右も調整できるよいものです。今はガス圧アーム使っていますが、、、

 

・サブモニター

BenQのGL2460HMを使っています。いろんな人が使ってる格安一般FHDTNモニターですが、メインよりは色がきれいなのと安く買えたので使っています。これのsRGBモードは泣けるくらい白くて最悪なので設定いじって使っています。

メインよりも色が濃いというか、あんま白すぎず黒すぎずないい感じの設定で使っています。これによりYouTube見たりする程度から映画鑑賞までこなせるようになりました。これまた後述するオーディオシステムと合わせてよい音と映像で満足って感じです。

 

・マイク/オーディオインターフェイス

マイクはCM-2000とかいう安物、インターフェイスはUMC22とかいうのを使っています。どちらもまあ安いもので特筆することもないような普通のモノですが、問題なく普通に使えるのでボイチャとかにおすすめです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~オーディオ編~

f:id:Snapdragon720:20180910200552j:plain

・アンプ

SONYのTA-F333ESLというのを使っています。過去にはTA-F222ESJというワンランク下の機種を使っていました。比べると低音のふくよかさと音の勢いが増したと思います。オーディオのレビューは苦手なので、この先もこんな感じのくだらん評価と紹介しかできませんが…

 

・スピーカー

SONYのSS-X300ってのを使っています。上の写真に写ってるやつです。見てわかるように振動板が平たい形をしています。普通の丸い円錐みたいな振動板との音の違いは大してわからないのですが、小型ブックシェルフにしては、って感じのいい音がします。低音はあまりバカうるさいわけでもなく、それでも程よく気持ちいい程度で聞けます。高音は透き通るように美しく聴いてて気持ちいいです。インシュレータ代わりにレンガと御影石を敷いてます。これのおかげで不要な振動が置台に伝わらず純粋な音を楽しめるように感じます。

 

・CDプレイヤー

これもまたSONYのCDP-502ESを使っています。SONYばっかなのはオーディオではSONYが一番好きだからっていう単純なものです。信者なところもあると思います、、

この502ESってプレイヤーは1984年発売のCD初期のもので、既に30年以上経っている古いものです。解像感は現代のプレイヤーに劣るものの、当時の高級プレイヤーなだけあって厚みは現代のものとタイマン張れるくらいよいものです。中古でも安いので、いい音でお気に入りのcdを聞いてみたいなどならおすすめです。

 

DAC(ヘッドホンアンプ)

またまたSONYのPHA-2です。これは今年の年始にお年玉で買いましたっつって軽く紹介しました。やはりあるかないかでは違います。これは一度使うとなしに戻れないアイテムって感じです。おすすめです。

 

・ヘッドホン

またまたまたSONYMDR-CD900STです。説明不要の定番ヘッドホンですね。高い解像度と原音重視で気持ち良いです。折り畳み改造なんかもしましたが結局もとに戻して使っています、、

 

・イヤホン

ここでようやく別メーカー、UltimateEarのTriple.Fi10を使っています。これも大人気なイヤホンで、評判の通り高解像度で低音もよく聞けるよいイヤホンです。中古で安めだしおすすめですよ。リケーブルはしましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これくらいが紹介できるものです。全体的に定番なものばっかですが、評価もそれなりに高いものなので間違った選択はしていないんじゃないかと思っています。

とりあえず言えるのは、これもいろんな人が言ってるけど常に手に触れるインターフェイス、、キーボードなどはそれなりにこだわるべきということです。これに関しては本当にそう思うもので、長い時間使うものはこだわると疲れないし満足感も高いものとなります。HHKBは特殊なので一概におすすめとは言いづらいのですが、リアルフォースとかマジェスタッチみたいな有名系高級キーボードは使ってみると一般的メンブレンキーボードよりも入力しやすいしつかれも少なくなると思います。

ここまで約3500文字程度を書いていきましたがやはり大した疲れは感じません。それどころかもっとタイピングしたいとすら思っています。

 くそ適当な紹介ですがここまで見てくれてありがとうございました。

んじゃまた

HHKBでfps

CS:GOでのお話です。ぼくは現時点で666時間くらいやってて低階級帯の弱者ですが、HHKBでやってみたらどうなるのかレポです。

本音は思ってた以上にいい感じのタイピング感に酔いしれるため意味もなく文章を打ちたいからですが!w

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

とりあえずまず静電容量無接点方式でのfpsといったところからですが、当たり前ですがふつうにできます。というかよっぽど変な遅延とかなければ安いメンブレンでも勝てます。

感触はタクタイルな黒軸って感じでそれなりに重いです。HHKB、リアフォの45gは赤軸の45gなんかよりよっぽど重く、似たようなもんでしょっつって試打せずに買うとふつうに痛い目に合うと思います。文字打つ分には全く問題なく打てますが、fpsするとなると妙な重さで疲れたりストッピングしづらく感じると思います。遅延などは一切感じないのでそれに関しては問題ないです。

独自配列における迷いというのももちろんあります。やはり長い間CtrlはShiftの真下で生きてきたので、しゃがみ動作をまだ間違えます。これはひたすら打って慣れていくしかないですね。コピペなどはホームポジションから手を動かすことなくできるのでやはり楽です。

反発感が若干マイルドなのでクイックチェンジなどがもたつく気もするけどたぶん気のせいです。

その他の動作等に関して不満に思うことは特にないです。All45gで統一されているから変荷重における違和感もないし、サイズも小さいから結構いろんな配置が試せるのでいい感じです。

 

一つちょっとした変化を感じたのが、あんまゲームしないでとりあえず文章打っていたいなってところです。単純に慣れてないから今はゲームしたくないかな~ってだけなのですが、意外とゲーム離れにいいのかもしれないです、、

 

そんな感じで更新のモチベ上がってるのでちょくちょく更新していくかもしれません。ブラインドタッチにもいい加減慣れたいしどんどん文章書いていこうと思います。

 

それでは

HHKB Professional2 を買ってみたのと買うまでの顛末

写真一枚もないので読みづらいと思いますがご了承ください。コラムだと思って読んでいただけると嬉しいです!w

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

過去にこれでもかってくらい嫌っていたキーボード、HHKBを買ってみました。

今回僕が買ったのはProfessinal2の墨モデルです。最近ずっとUS配列使ってるのと見た目かっこいいからUS配列のHHKBです。バイトで金入ったのと触らずに批判はよろしくないと思ったので買ってみました。とりあえずこの記事もそのhhkbで書いてみています。

ブログはめったに書かない、プログラムも基本的に一切書かないけど買ってみました。

 

 

ところで、過去に嫌っていた理由というのが、その変な配列となによりも静電容量無接点方式というのが店先で触った限りだとどうしてもメンブレンの上位互換?にしか感じられなかったからというのがあります。

個人的に長く使ってきたCherryMX赤軸と比べてどうしてもなにがいいのかわからないと感じていました。

それでもやはり妙に高い評価なので気になってはいたので、中古でAll45gなRealforceを買ってみたんです。実はそれがえらい不良品で軸そのものが摩耗して動きにくい、ラバーが劣化して打ち心地が硬すぎる、全体的にボロボロで筐体が一部削れているなどとにかく不満点満載のとんでも地雷を引いてしまったのです。

おたく特有(かわからんけど)の不良品で製品を評価するのは嫌だなあな感情になってしまったので、そのリアフォはささっと売ってまた別に静電容量無接点買うか~~といった流れになりました。

どうせまた同じ静電容量なんちゃら買うならリアフォじゃなくてあの忌み嫌ってたHHKBでも買ってみるか!wとなり、メ○カリ見てたら新古品って感じのHHKB墨が転がっていたので買ってみたというわけです。

本当は白いのがほしかったんですが、そもそもの出品数が少ないのかなかなか巡り会えず、それでもHHKBは欲しかったところに状態いいのが出てきたので、”墨なら刻印見づらいしブラインドタッチの練習になるよ”と自分に言い聞かせて墨を買うことにしました。白はいつか黄ばむからな~ってのもちょっと思っていたのでまあラッキーってことで

 

てな感じで買ったHHKB墨、やはり状態はめちゃくちゃよくて以前のリアフォみたいな変な引っかかりとかラバーの硬さとかなく普通にポクポク打てます。箱はなかったけど傷とかキーのテカりもないし新品みたいな感じで結構満足しています。

あちなみにDIPスイッチは3と6だけONにしてます。3は確かDeleteがBackspace(以下BS)になるやつ、6は常時通電になるからキー押せばスリープから復帰できるってやつです。他の配列を変える系は一切使っていません。せっかくのHHKBだしほぼそのまま使ってあげたいというのがあります。HHKBの魅力はその変な配列にあるんじゃねえかと思っていて、それ変えて使うくらいなら最初からAll30gリアフォでよくない?ってなってしまいます。

まあ◇キーなんかはWindowsなので一切使いませんけど、、

 

ここまで千文字程度書いてみましたが、確かに疲れないと感じます。けど以前の赤軸も疲れ感じなかったからまあ、、って感じです。

ただ一つだけ言えるのはメンブレンの上位互換というのは流石に訂正したいなといったところです。ぼくは底打ち派なので結局底まで打ちはするのですが、それでも一般格安メンブレンと比べるとこっちはまさにTypeHeaven(リアフォの廉価海外モデル名)(謎の知識自慢)(くちゃくちゃ)って感じの打ち心地で気持ちいいです。

カーソルキーは既に慣れましたが、CtrlとBSを打ち間違えるな~~って感じです。ただこれはたぶんUNIX配列みんなそうなんだろうしなんとかして慣れていきたいです。半角全角切り替えも、今までは左手でAlt+Escの下にある`~でやってたのですが、HHKBだと`~がBSの上にあるのでそれも慣れないとって感じです。単純に「~」を打つ分には問題ないです。慣れました。

以前のUS配列も初めJISから乗り換えたときは不安だったのに気が付いたら慣れていたし、これもそんな感じで慣れていくんじゃないかなって感じです。 

刻印の見づらさも承知の上なので問題ないです。見た目はいかにも墨って感じなのとコンパクトでかっこいいです。

 

とまあこんな感じで、嫌ってたHHKBを買ってみたレポでした。もちろん不満点はあるけどどれも慣れが解決してくれる程度の問題なのでどんどん使っていこうと思います。そのうちfpsで使ってみて感じたこととか書くと思います。それではまたいつか

 

 P.S.静電容量の45gを赤軸と同じくらいだと思わないこと。前者のほうが重い

AndroidでMisskeyをアプリっぽく使う方法

Chromeの場合です。最新版がよいとおもいます

f:id:Snapdragon720:20180816225215p:plain

下にあるホーム画面に追加をおす

f:id:Snapdragon720:20180816225312p:plain

ドロワーかホームにアイコンが表示されます

f:id:Snapdragon720:20180816225354p:plain

押したらこんな感じでアプリっぽく使えます

これだけです