お仕事は推し事

不定期テキトー備忘録

なぜクロモリに乗るのか

f:id:Snapdragon720:20190521013756j:plain

鉄分100%!

ぼくは枯れた素材であるクロモリのロードレーサーに乗っているのですが、カーボン全盛のこのご時世でどうしてこんなお年寄りチャリを好き好んで乗るのかを紹介していきます。

☆クロモリとは

鉄にほんの少しのクロムとモリブデンを添加した「クロムモリブデン鋼」の略です。要するに鉄なのですが、普通の鉄に比べるとちょっと錆びにくかったりするみたいです(それでも錆びる)。

 

☆細身のシルエット

素材の特性上パイプを細く作れるので、自ずとシュッとしたスタイリッシュなフォルムのフレームになります。太いパイプが増えた時代に昔の細いフレームというのは良い意味で目立ちます。

 

ホリゾンタルフレーム

トップチューブが地面と平行になっているフレームをホリゾンタルフレームといいます。逆に、クロスバイクや多くの最近のロードレーサーに使われる、シートステーに向かっていくにつれて下降していくタイプのものをスローピングフレームといいます。

(ちなみにヘッドチューブに向かって下降していくファニーバイクなるものも過去に存在しました!)

クロモリじゃなくてもホリゾンタルにすることはできるし、実際多く存在するのですが、この細いパイプでホリゾンタル、ここに価値があると思います。

スローピングフレームにはトップチューブが短くできて剛性確保と軽量化が楽というメリットがあるのですが、見た目に関しては賛否両論あります(もちろん好きな人はいる)(僕はすきじゃない)。

 

☆しなる

アルミフレームはめちゃ硬いので踏んだ力がダイレクトに伝わる分、振動もダイレクトに伝わるので疲れます。断言します。

カーボンは剛性あるけど振動吸収もしっかりしてくれます。

クロモリは”しなり”ます。その名の通り捻れます。これだけ聞くと完全に柔らかくてだめなのでは…?てならんこともないのですが、しなるけどちゃんと”跳ね返って”きます。

この跳ね返りのおかげでバネのように(とまではいかない気もするが)ぐんぐんスピードが出るので、普通にカーボンを抜くこともできます。

また、振動吸収もカーボンと同じくらいしてくれるので基本的に疲れ知らず。乗り心地はいいです。

 

☆マイペースに走れる

しなるからカーボン抜けると書いたばっかですが、それでもカーボンの軽さにはどうあがいても勝てません。ぼくのロードレーサーは軽量化を意識していないのもありますが10.3kgあります。

普通に重いので軽量レーサーに抜かれてもなんとも思わなくなります。勝てないもん。よって飛ばしたいときには飛ばし、そうじゃないならママチャリよりも遅くてもいいやってなります。

 

☆頑丈

友人がカーボンフレームを落車で割りました。クロモリなら落車しても運が悪ければ凹んだりちょっと曲がりますが、曲がり程度ならよっこらしょと曲げなおせば直っちゃいます。クロモリを割るレベルの事故となると命に関わると思います。基本的に壊れません。また、カーボンのように経年劣化で割れることもないので長く乗れます。

 

☆ヴィンテージパーツを楽しめる

f:id:Snapdragon720:20190521020341j:plain

Nuovo Record

f:id:Snapdragon720:20190521020411j:plain

Dura-Ace EX

これらが普通に使われてきた時代を生きてきたレーサーなので、往年の名ヴィンテージパーツが当たり前に似合います。ただ、写真のディレイラーデュラエースですが性能は言うまでもなく現行のSoraなんかと比べるのも失礼なくらい低いです。スラントパンタじゃないのが時代を感じさせます。

12速ワイドレシオが主流になろうという時代に7速クロスレシオとか、電動シフトが流行っているのにダブルレバーとか、いいじゃないですか。また、昔のパーツはロゴの刻印が多いので見ていて飽きません。シルバーパーツも磨く楽しみがあってよいものです。

 

以上がクロモリに乗る理由とメリットでした。クロモリという素材は振動吸収や走行性能、剛性からも自転車素材には最も適しているとさえ言われています。じゃあデメリットはなんなのか、やはり重さと錆びです。鉄なので重いです。ぼくのレーサーもどんなに軽くしても8.5kg切るかどうかといったところだと思います。それに雨や汗で普通に錆びるので濡れた後のメンテナンスが欠かせません。愛着はわくのですがそれなりにめんどくさいのも確かではあります。ただクロモリの錆というのは基本的に表面だけの場合が多いのでちゃんと拭いてやれば割となんとかなります。重さは体力でカバー卍!

 

以上でした